必ずパソコンが壊れる人

08.052015

この記事は4分で読めます

先週の土曜日はセミナーをさせていただきました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

また、参加されなかった方からは、

もう少し開催告知を早めて欲しかったという

お叱りを多数いただきました。

もうしわけございませんでした。

次回、開催する際には余裕を持って

開催したいと思います。

その際は是非ご参加ください。

「せどりコーチング」に入られる方には、

いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。

今回、参加された方は

投資に関心のある方がいらっしゃいました。

投資視点で物販を考えるのは良い視点です。

僕も教えていてたのしかったです。

ところで、こんな方も参加されていました。

最近「せどりコーチング」に入られた方ですが、

以前、別の塾に入ったときにも、

入った途端にパソコンが壊れて、

今回、「せどりコーチング」 に入ったときにも、

パソコンが壊れたのだそうです。

まるで、稼ぎたいという自分の意思を

ジャマするようなことが突然起きてしまいます。

実は、こういうトラブルに見舞われる方は、

これまでにもいました。

多くはありませんが、少なくもないパターンです。

ネットビジネスの塾に

入会した途端にパソコンが壊れるとか、

病気になるとか、親類がケガをするとか、

そういったトラブルに見舞われる方。

普通の稼ぎ系の塾ですと、

そこで終わってしまうと思います。

 でも、念のためおことわりしておきますが、

 「せどりコーチング」は、

 コーチングをおこないますので、

そういった方も稼げるようになります。

ところで、こういうことって、

皆さんも経験されたことがあるかもしれません。

例えば、海外旅行に行こうと思ったけど、

パスボートが見つからない、とか、

ジョギングをはじめようと思ったけど、

とたんに雨が降ってきたとか・・・

そういう不可思議なことです。

何か目に見えない力が働いているとか、

人によっては「呪われている」のでは・・・

なんて

不安に思ってしまう方もいるかもしれません。

でも、こういうことは無意識の抵抗と

思っていただくと説明がつきやすいのです。

人間には、意識と無意識があります。

例えば毎日の通勤ルートは、

いちいち思い出そうと意識しなくても

自然とカラダがその道を通りますよね。

それが無意識の働きです。

無意識は、いちいちあらゆることに

意識を向けなくても、

安定した行動をとるように働いてくれます。

いってみれば、自動操縦

オートパイロットのようなものです。

無意識はそんな便利なモノである反面、

急激な変化を嫌うのです。

今まで海外旅行に

一回しか行ったことがないのに、

思い立って、海外旅行に行こうとしたら、

意識の部分ではワクワクしていても、

無意識の部分は急な変化を好まないので、

パスボートの置いた場所を忘れたりして、

もとの生活に引き戻そうと働くのです。

つまり、無意識の部分では、

何が起きるのかわからない海外に行くより、

例えつまらなくても

安定した日々を続けようとします。

冒険などせずに今いる環境で

安定して生きながらえることを選ぶ。

それは生き物の本能でもあります。

そして、「せどり」で稼ぐということも、

人によっては、

生物的な危機に匹敵するほどの

変化と認識してしまうのです。

と、少しおおげさにいいましたが(^^;

こう考えてください。

今まで、普通に給料をもらって、

月収30万円-40万円で暮らしてきた人が、

「せどり」で10万円稼ごうと思います。

すると、月収10万円プラスになりますよね。

今までと同じ会社で月収10万円上げようとしたら、

何年かかるでしょうか?

5年、10年・・・

会社によってはもっとかかるでしょう。

少なくとも来年、

 給料が10万円上がることはないと思います。

(あるような会社だったら、そもそも 「せどり」で稼ごうと思いませんね)

そんな急激な変化を、「せどり」で短期間におこそうとしていることに

無意識が抵抗をはじめるのです。

こういう現象は、

残念ながら40代以降にとくに起こりやすいです。

というのは、40代以降だと、

それなりに人生経験も積んで、

価値観が固定化してきています。

変化を受け入れがたくなっているのです。

さらに日本の40代以降の層は、

初等教育から高等教育の期間にわたって

強い主体性を求められるわけでもなく、

就職もなんとなく決まり、

惰性でサラリーマンを続けて

来たような方が多いからです。

ある意味、

自分の強い意思を一度も発揮することなく

なんとなく生きてきた方が多いのです。

そういう人たちが、50代60代となって、

いざ主体性を発揮して、

「せどり」で稼ごうとしても、

無意識が強烈に抵抗してきます。

「今まで楽してきたんだから、このまま楽にいこうや~」by 無意識

という感じです。

それが、パソコンが壊れたり、

病気になるなどの現象として現れます。

無意識が壊れるようにパソコンを動かしたり、

活動できないように病気にしたりするのです。

というのは、

オカルトチックですよね(^^;

「せどり」で稼ごうと思ったら、

パソコンが壊れたり病気になったり・・・

そんなことは信じてもらわないでけっこうです。

(ただ僕自身は、マラリアで

死にかけたことがあるからかもしれませんが、

理屈で説明付かないような現象は何度も体験しています)

でも、こういう風に考えて欲しいのです。

パソコンはたまたま壊れる時期に来たので壊れた。

「せどり」をはじめたのと、たまたま同時期だった。

そこには何の因果関係もありません。

つまり、

『「せどり」をはじめようとしたら、パソコンが壊れた』

「せどり」をはじめたことと、パソコンが壊れたことには

なんの因果関係もないのに、それがたまたま同時に起きたから、

因果関係があるように思い込んでいる、

のではないでしょうか。

そのように、

もともと因果関係などないものを、あるように思わせて、

新しいことをさせないようにしている意識こそ、

無意識の策略が産み出したものということです。

だって、「せどり」をするのと、

パソコンが壊れたことには、

何の因果関係もありませんよ。

客観的には・・・

「せどり」に限らず、

このような「とらわれ」は誰もがもっています。

そして、このことに気付けるようになると、

人生が少しずつ動き出します。

海外旅行に行こうと思ったのに、

パスポートが見当たらなかったら、

再発行すればいいだけです。

雨が降っても小雨ならジョギングできます。

親類が病気になったらお見舞いに行けば良いのです。

読者の中にも稼ぎたいけれど、

行動できないという方も多いと思います。

そういう方は、

自分が何かに「とらわれ」ていないか、

お風呂に入りながら考えてみることをお勧めします。

お風呂はリラックスできるので、

良いアイデアがポンッと生まれやすいです。

そして、「とらわれ」をみつけたら、

それを「みちびき」に変えてください。

例えば、こんなふうに

「せどり」を始めようとしたら

 パソコンが壊れたというのは、

 僕なら新しいパソコンが

 必要となった「みちびき」と受け取ります。

これから商売繁盛するので、

今から新しいパソコンを用意して、

古いパソコンは修理に出して、

なおったら予備にもバックアップにも使えばいい。

今のパソコンが壊れたのは、

その準備を知らせる「みちびき」 なのです。

こう考えられたら、もっとがんばれます。

コーチングは、「とらわれ」を 「みちびき」に変えるプロセスです。

稼げないと悩んでいる方は、一度、相談してみてください。

ではまた。

関連記事

  1. 2015.07.22

    小さな勇気

「せどりコーチング」とは

北海道から沖縄まで初心者から法人まで300人以上のメンバーが所属する転売コミュニティです。

一般社団法人情報起業支援協会 代表理事「おおなりこういち」が主宰。

初心者、高齢者、地方在住者が月収30万円突破を第一ステップとして情報交換しています。

メルマガでは定期的に儲かる商品情報を配信しています。よかったら登録してください。

せどり業界の健全化に貢献しています


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑クリックのご協力をお願いいたします。

お宝検索ツールSedoken

ここから購入するとサポート付き
リサーチカテゴリ
CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、雑誌

旧ブログ

せどりコーチング 旧アメブロ

仕入れでポイント貯めよう!

ポイントが仕入れに使えます!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

格安の外注さん探せます